レーシック治療の対象

視力低下にも、近視や遠視、乱視や不同視などの様々な症状があります。
レーシックが視力回復の対象とするのは一体どの様な症状でしょうか。

レーシックは「近視矯正手術」と言われているように、近視の治療こそレーシックのメインになります。
「では近視しか治療できないのか」というと必ずしもそうではなく、遠視・乱視・不同視などにも効果があるようです。ただ、そのような目の症状に対しては、レーシックよりも別の治療が適している場合も多いですので、医師との相談のうえ最適な治療法を選択するようにしましょう。

レーシックによる治療効果を得られないものとしては、老眼や白内障が挙げられます。
ただし老眼の場合、根本的な老眼治療にはなりませんが、度合いによっては回復が見込めるケースもあるようなので、医師の検査・相談を受けてみるのも良いでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック